三井おまとめローン

1週間でも定期預金

1週間でも定期預金

とくに定期預金という言葉を聞くと、一定期間、それも比較的長期間にわたって預け入れをするというというイメージかもしれません。
たいていの場合は、1年以内の期間を想像する方は少ないかもしれません。
しかしながら、いろいろ調べていくうちに、いろいろな定期預金があることに気付くかもしれません。
各銀行とも、様々な金融商品を開発して、少しでも顧客を囲い込むことができるように努力しています。
そのような中にあって、定期預金にも変化がみられるようになっています。
たとえば、少し前には1か月の定期預金が話題になりました。その後、新生銀行が発表した2週間定期預金も話題になりました。
それ以上に面白い金融商品が東京スター銀行の「スターワン1週間円預金」です。
1週間という言葉と定期という言葉がなかなか結びつかない方も多いと思います。
少し前から発売されていた新生銀行の2週間定期は大ヒットで、2週間なら預けておけるという方の支持を集めることもでき、
さらには少しでも高い金利で預けたいという欲求を満たすことのできる商品として預金額が相当に上りました。
そして、今回東京スター銀行の販売している1週間定期は、定期預金をさらに身近なものにしつつ、
通常よりも有利な金利によって預け入れることができるとあって、人気の商品となっています。
気になるのは最低預入金額ですが、10万円以上ですから利用しやすくなっています。さらにうれしいのは
、 考え方としては1週間で満期日を迎えるわけですが、その後も自動更新することができます。
そのように預け続けて行って、1年以上などの長期にわたると、結果的には1年で満期を迎えるような定期預金に比べると
、金利の面には不利になってしまうので、どのような期間の預け入れが最適かどうかを判断する必要があるでしょう。
定期預金を行なう際に、多くの人が神経を使うのが、中途解約の時のデメリットでしょう 。
しかしながら、2週間や1週間単位での定期で、途中で解約しなければならない理由は発生しませんから、
そのような意味では安心して預け入れすることができるでしょう。
一言で定期預金と言っても、その期間も金利もさまざまです。
ですから、それぞれを比較考慮し、自分にとって最適と思えるものを選択するようにしましょう。

そうすることで将来への盤石な土台を据えることができます。